2012年7月18日 (水)

魔法瓶。

とうとう買いました、魔法瓶のポット。

Imgp0244_copy_copy

実はいままで、ポットというモノを持っていませんでした。

日本の家庭ではあたりまえの家庭用品ですが、

こちらでは一般的ではないので、あまり店頭でも見かけません。

必要なときに、必要なぶんだけ小さなやかん(のようなモノ)で

沸かして使っていました。

まあそれでも十分間に合っていたのですが、

なにしろ年中熱いお茶ばかり飲む派なので、

日に何度もお湯を沸かす、という具合。

先週、ふと立ち寄ったキッチン用品のお店で、このポットが

お手頃価格(8ユーロ程度)だったので即ゲット。



さて、この魔法瓶の使い勝手。

すごーくいい、思ってた以上にいい!お値段以上にいい!

夕食前に沸かして魔法瓶に入れた熱湯が、

ポットの半分くらい残ったまま翌朝を迎えたりしますが、

まだしっかり温かいんです。

ぬるいとかじゃなく、いい具合に温かい。

電気ポットに100度近い熱湯が24時間、常に

保温されているのとはそりゃ違うけど、24時間熱湯が

そんなに必要か、って言ったらそうでもないはず。

私が子供の頃は、日本では電気ポットなんてまだなくて、

魔法瓶が主流だったように思います。

いま、節電が叫ばれる中、魔法瓶がまた見直されるように

なってきたようですね。

可愛いデザインやお洒落なデザインのものもあるようで。

思い切って電気ポットを魔法瓶に替えるのって、

悪くないと思いますよ。



 

さて、我が家の魔法瓶ポット。

蓋部分の注ぎ口が上向きになっています。

(真上からの写真)
Imgp0042_copy

注ぎやすいのはいいんだけど、ホコリが注ぎ口に落ちると

嫌だなあ・・・と思って、布で簡単なカバーを作りました。

Imgp0040  


以前作ったブリタのカバーとお揃い♪
Imgp0256_copy

カバーの端に使ってるチロリアンテープ、

手芸屋さんがなんと70cmもおまけをつけてくれました。

(こういうおおざっぱなトコロ、すごく好き!)



「魔法瓶」って名前、考えたひとって、ちょっと素敵。

そんなこと考えながら、ニヤニヤと熱いお茶を飲んでます。

| コメント (12)

2012年5月19日 (土)

ブリタのカバー。

こちらの水道水は、飲料水として摂取しても

一応はOKなのですが、やはり石灰分が多いので、

お鍋ややかんなどの内側が白くなってしまいます。

お酢を使えば、その石灰を落とすのも簡単なのですが、

お茶、炊飯、汁物などにはブリタの浄水ポットで

濾過したお水を使うことにしています。

ブリタに限らず、浄水ポットを利用しているご家庭が

イタリアではとても多いのではないかと思われます。

実際、かなりの石灰分が抜けるし、美味しい水になります。

うちのキッチンはとっても狭いので、いつもは出窓の前が

浄水ポットの定位置となっています。

Imgp0163_copy  


ところが数日前、けっこうな強風の日がありまして。

上の写真にちらっと写ってるこの窓、観音開きタイプの木枠。

突風であっけなく、バンッ!と窓が開き、ブリタが転倒。

床に落っこちてしまって、水浸しの上に、蓋の一部が破損。

不幸中の幸いで、注ぎ口のみが真っ二つ、あとは無傷でした。

ちょうどこの、注ぎ口の先の三角の白いペラペラ部分が破損。
Brita_copy_3

 

ペラペラがないだけで、とりあえずはちゃんと使えてます。
Imgp0164_copy

さて、しかしこの小さな三角の部分。

無くても使えるけれど、無いとせっかく濾過した水に

ホコリが混じってしまう可能性が。

実は以前からすごく気になっていたフタ全体のホコリ。

気づいたときに洗うようにはしてますが、

平らな部分はともかく、細部の溝などは洗いにくい。

なんとかならないものか、と思っていたので、この機会に

蓋全体を覆えるようなカバーを作ろう、と思い立ちました。


 

完成!こんな感じ。
Imgp0165_copy

なかなか使い勝手がよくて、我ながら気に入ってます。

突風は、いつかカバーを作ろうと思いつつもなかなか

着手しなかった私への、「とっとと作れよ」っていう、

天の声だったりしてー(笑)





| コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

ブックカバー。

子供の頃、読書は大好きだったのですが、

成長とともに、自宅でゆっくり読書をする、なんて機会は

ほどんどなくなりました。

いまは家では音楽聴いたり、映像をなんとなく観たり、

家事などの作業と同時進行できることをしてしまいます。

と、なると、読書は外出先で、ということに。

外出の際は必ず本を最低一冊はバッグに入れています。

バス待ち、電車待ち、友人待ちなどのときや移動中に

ちまちまと読んでいる、という感じになってしまうので、

1冊を読みきるのに日数がかかります。

そんなわけで、私にはブックカバーが必需品なわけですが。


 
 

これは日本の文庫本サイズの皮革製ブックカバー。

フィレンツェのお土産屋さんなどに売ってます。
Imgp0003

10年ほど使ってるものなので、端のほうがちょいボロに。

でも、とっても気に入ってます。

 
 
 

文庫本じゃない本には、出先で見つけた包装紙などで。
Imgp0004_copy

水色の花柄(ヒトデ柄?)はお気に入りの紙で、

紙ながら5年くらい使ってるので、ボロボロですが。

あと、旅先のツーリストインフォやホテルで無料でもらった

地図なんかも、ブックカバーに化けることがあります。

街の中で地図を広げてるといかにも迷子の観光客で

カモられそうな気がするけど地図柄の本なら大丈夫かも。

なにしろタダですしねえ。

 
 
 

先日、友人から大量に譲っていただいた文庫本があるので

今年の秋はコレを使おうかな、と余り布で手作りに挑戦。

Imgp0002_copy  



つい先日、日本からご旅行でいらした、とあるご家族と、

1日ご一緒させていただいたのですが、ご家族皆さん、

とっても知識&経験豊富で、グローバル。

大学生の息子さんたちも、それぞれの世界観や考えを持ち、

刺激的な本当に楽しい一日でした。

いや~、私のカラカラ脳みそ、フル回転(汗)。

日本に帰ったら、またぜひお会いしたいな、と思うので、

読書の秋に知識吸収しまくって備えなくては。




| コメント (2)

2011年8月17日 (水)

メガネの収納

うちのダンナはメガネ男子でして、

メガネを複数本所有しています。

その日の気分などでメガネを着替えるので、

どのメガネも現役で活躍しており、

選びやすい・取り出しやすいように、と

透明ポケット付の壁掛けのようなものを使ってました。

が、それも増えていくメガネに対応できなくなり・・・。

哀川翔さんのように、メガネ専用収納ケース付家具を

持てるほどの家でもないし、どうしたもんかな。

探してみたけど、イマイチそれっぽい商品もないんだな。

世のメガネっ子たちはいったいどうしてるんだろう。

 
 

そこで、暑さのあまり引きこもったある日のこと、

家にある布と、そのポケット付壁掛けを合体させて、

メガネ収納壁掛けをパワーアップさせました。

Imgp0007

これであと8本は増えても大丈夫。

戸棚の中に、カーテンのように吊るしたので、

戸棚の中のものを取り出すときはスライドさせればOK。


私は視力がいいので、メガネはいままでサングラス程度。 

昨日、同級生と「そろそろ老眼鏡かも」っていうトーク。

老眼鏡かあ・・・。年齢的にはそろそろなのかな。

今の視力をキープすべく、目を気遣わねば。

そんなわけで、今からPC閉じて、散歩に行ってきます!

| コメント (6)

2010年4月21日 (水)

春休み(その2)

更新サボってまったりしてましたが、

いかんいかん、もうすぐGWがきてしまう!!

(GWにはまた別の友人が来伊予定!)

慌てて春休みの続きを書いてます。

 

さて、3月末から4月頭にかけての数日は

雨と晴れとが1日置きという天気。

晴れた日にはミラノの観光スポットなどに。

A55c

A59c

ドゥオモの屋上に上るのは4回目だと思うのですが、

初めてアルプスが見られました♪

ここから眺めるガッレリアの景色がすごく好き。

 

雨の日には、というと、家でいろんなものを作りました。

一緒にパスタ打ったり、納豆作ったり、

近所のばあちゃんちでトルタ習ったり、

Mayuちゃんお得意のお花作りを習ったり。


近所のばあちゃんのトルタ・・・

以前ばあちゃんからおすそわけいただき、

お礼言いながら「こんど作り方教えて」と

ついつい言っちゃったのがきっかけで、

毎日のように「今作る?明日作る?いつ作る?」と

言われ続けること数週間(笑)

ひとりではおばあちゃんのパワーを受けきれないので

Mayuちゃんがいるときに、と。

材料を持って2件隣のアリーチェばあちゃんちへ。

Def2

卵・冷凍ほうれん草・パイシート・リコッタチーズ。

写真にはないけど粉チーズ(種類はなんでもいいらしい)。

ほうれん草(ブロッコリーでも可)は茹でたものを、とのことで

どんだけ必要かわからず、今回冷凍のものを持参。

「解凍しておいで!」

とドロンジョさまばりの一声に「はは~っ」と自宅で解凍し出直し。

De42

De63

どの写真もブレブレです。

けど、よく見てください。

ブレてるのはばあちゃんだけ。とにかく動きが激しい。

落ち着きがない、っつーか、

外国人にお料理教えるってんでテンションMAX。

でもって大雑把。

私がほうれん草解凍してる間に、Mayuちゃんいわく

パイシートを振り回したり投げたりの大格闘だったとか。

あやうく床にドロップしそうなところをMayuたんナイスキャッチで

無事トルタの型に収まったんだとか・・・。

いつも彼女が使う丸型のと違って、長方形のシートだったので

それが大格闘の原因だったらしい。

次回は○○スーパーで丸型を買いなさい、と数日間言われた。

「粉チーズをちょこっと入れて!」

というのでちょこっと入れたら「もっと!!ああ、ちょこっとよ!」

ちびちびと、ばあさまのOK待ちつつ足してたら

「あああ~~~っ!ちょっと貸してごらんよっ!」

と粉チーズの袋を取り上げられ、ドッヴァ~ッ!

それ・・・・ちょこっとじゃないやん・・・・。

作り方は、ボウルに材料全部入れ、塩を適量足し、

ガツガツ混ぜ、型に敷いたパイシートに入れて焼く。

超シンプルなりに、美味しいトルタが完成~。

Dec2

切り分け中、撮影中、食事中、食後、と

もちろん、何度もばあちゃんの訪問を受けたのでした。

「塩加減はどう??」

「次回は○○スーパーでパイシートを買うのよ!」

「美味しい?」

「○○のパイシート使うと見た目がもっとよくなる」

「夜ダンナに食べさすときの温め方は・・・」

などなど・・・。

やっぱひとりのときじゃなくて良かった・・・。

ご近所でも有名なアリーチェばあちゃんでした。

なんでだか、うざいけど憎めないばあちゃん、

どうもありがとう(笑)

半分は冷凍して、1週間後にいただきました。

 

そして、これがMayuたんお手製のお花。

9cfe

これは日本を出発する前に、わざわざ私へ、と

彼女が作ってきてくれたコサージュとネックレス。

なんと!コサージュは新聞紙から、

ネックレスはティッシュの箱から作ったものらしい!

新聞紙がどうしてこれに・・・・

発想力の乏しい私は想像もできませんでしたので

今回特別にお花作りの講習をしてもらいました。

 

新聞の、この茶色の広告ページから作ってみます!

9d5d

不器用なので、動画は撮らないで~(笑)

と、途中写真だけ撮ってもらいましたよ。

9d7f

で、四苦八苦の末に完成~。

私の初作品!

46cf

・・・て、手前のキレイなのはもちろんMayu先生の作品。

私の処女作はなかな微妙だったので

奥のほうにこっそりぼんやり配置・・・。

ちなみに手前のMayu先生のお花の色、ステキでしょー。

上品な色のお花。

これ新聞紙のどんなページかっていうと、

オヤジの顔写真のどアップでした。

オヤジがこんなに美しく品良く生まれ変われる魔法の花。

こつこつ練習して、そのうち職人メルカートあたりで

こっそり売っちゃうかな(爆)

工作の成績が2だった私がそんなナマイキ言うな、ってね。

そんなこんなで雨の日も、楽しい創作活動で

あっという間に時間が過ぎていったのでした。

春休みシリーズ、もうちょっと続きます。

 

| コメント (6)

2010年4月14日 (水)

春休み(その1)

前回の日記で、日本からお客さまが、

と書いたきり、長々と更新してませんでした。

はい、遊びほうけて体力消耗しておりまして、

更新する余裕がありませんでしたー。

と、いうことでまとめてその間の話を。

 

【1日目】

29日に到着予定だった友人Mayuたん。

が!機材トラブルによりドイツに連れて行かれ、

(ご想像どおり、アリタリア機・・・・笑)

1日遅れの30日に到着しました。

ミラノの街での彼女の最初の感想は、なんと!

「動物園のニオイがする・・・・。」

ぎゃー!すっかり私、マヒしてて感じなかったー。

そりゃ、あれだけ犬の糞が落ちてれば、ねえ。

なんだか自分のマヒした嗅覚にショックだわ。

と、いうかマヒしてなきゃ暮らしていけないか・・・笑

Mayuたんからのお土産いっぱーい。

0330

この日は結局午後から大雨が降り、雷が鳴り、

ほとんど家に引きこもって過ごしたものの、

夕食時には雨もあがり、近所のピッツェリアへ。

いつも満員御礼の美味しいピッツェリアで、

久々(夫とは10年ぶり)の再会に乾杯♪

0330_3

【2日目】

夫の仕事が休みになったので、3人でクレモナへ。

大好きなクレモナ。

Afe1

お天気がとってもいいので、

ポー川のほとりまで、お散歩です。

3a91

あまりにキモチのいいお天気で、3人おおはしゃぎ。

Imgp0018

とうとう得意のステップまで!!

9b26

え?誰ですか?「痛すぎるアラフォー」って言ってんのは。

否定はしません(笑)

お昼をお店でいただき・・・

(私はポルチーニのスープを)

Imgp0021

 

クレモナ名物、高~い塔へ!!

(※私以外の2名は高所恐怖症です)

9f9e

ビビりながらも、景色のよさに酔いしれるポーズの2人。

(2人とも、しっかり柵を握っているところがカワイイ)

Photo_2

 

そしてクレモナの締めは、やはりバイオリンの工房。

Mayuたんはバイオリンを弾くので、ぜひ案内せねば、と

以前から懇意にしていただいてるマルコ・ノッリ氏の工房へ。

Dsc04797

工房の香りって、なんと落ち着くんでしょう~。

マルコ氏もいつもと変わらず明るく歓迎してくださり、

「そのエプロン素敵ですねー」

と言ったら「欲しい?」とあっさり譲ってくださり、

(夫にいわせれば、私がたかっているようだった、とか)

他オリジナルグッズいただいたり、

工房でアペリティーヴォを催してくださったり、

と、毎回毎回、楽しませてくださるステキなマエストロ。

 

 

あー、やっぱりクレモナ大好きだー。

福岡人にミラノは都会すぎる。

クレモナが一番しっくりなじむ気がする!

ステキな一日でした。

春休み、続きの話はまた。

| コメント (12)

2006年8月 8日 (火)

これからどうする?

20060808_2235_000_1また2日間、引きこもっちゃった。
だって暑いんだもん。
暑くなくても、引きこもりがちだけどね。

今回の連休用に布地を購入してたので
また手縫いで、お洋服。
この布、インド綿で、唯一のこの夏の
バーゲン戦利品。
およそ半額で、700円。ふふふ。

 

 

さて、明日からは出勤が続くし、連休もなくって、売場も大忙し。
これでこの夏の縫い納め。

とはいえ、バイトは8月15日までで終わり。(お中元売場なのでねー)それからどうしようか、と思案中。お中元の終わりまで日本に留まってる、とは思ってなかったもので・・・どうしましょう。

15日以降、ぼちぼち考えるか。
いまから考えるか。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

連休ダラダラ

20060723_1416_000 またまた連休だったので、またまた家にほぼ閉じこもって裁縫。前回の連休でブラウスを作った残り布、裁断だけしてたので、とりあえず縫い合わせ。

今度は、フリフリにしてみました。

無計画に切って縫う、おおざっぱ製法なので、縫ったものの左右バランス悪かったり、サイズがへんてこりんだったり、デザインがありえなかったりして、修正しながら、この形に落ち着いた。

20060723_1433_000_1

 

ところで、ここんとこ数日、地元では祭りをやってる。この山の上の町に もちょっとだけ祭りムードが漂って、今日は昼間に子供たちが引っ張る山車がうちの前を通ってた。
でも、雨が降っていたので、子供たちはレインコート。横では保護者が傘をさしてついて歩いてた。山車も本来の姿ではなくて、雨天バージョン。飾り省略で、ビニールがかかっていて、ちょっと寂しい姿。だけど、祭りはいいよね。掛け声、太鼓の音。

日本の祭り、最高。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

休日ちくちく

日曜と月曜、バイトが2日連続で休みだった。暇つぶしに、と前日に布地を買ってきてたけれど、何もせずに日曜は終わってしまった・・・ほとんど寝ていた気がする~。月曜の夕方近くになってからようやく買ってきた布地を広げて「何を作ろう・・・」とぼんやり考え始めた。

Photo_21 で、とりあえず夏服がほとんどイタリアにあるので、着るものを、と作ったのがこちら。ちくちく手縫い。

ミシン使えば1時間くらいでできちゃうんだろうけど、暇つぶしなのでひたすら手縫い。イタリアの、手作業でなんでも作ってしまう職人さんたちに感化されたところもあるのかもね。(レベルはまったく違うけど)

まだ布が半分残ってるから、次は何を作ろう。

そういえば、いろいろネットで調べてたら、手作り下着の作り方、なんてのもあった。いずれパンツもちくちく手縫いしちゃうかも。

| コメント (6) | トラックバック (0)